CONCEPT
WORK FLOW
WORKS
ABOUT US
Q&A
CONTACT
COLUMN

五十嵐矯正歯科クリニック
この建物は1Fが歯科医院、2Fが住居となっています。
このような併用住宅で生活する場合、ON/OFFの切り替えが難しいと言われる事が多いようです。

この建物では利便性よりもこのON/OFFの切り替えを優先し、
あえて建物内部で医院と住居の行き来できないようになっています。

また、住居では建物外部に先生のプライバシーが露出し過ぎないようテラスを中心に各居室を配置して、
このテラスに向けて内部空間を開けるようにしています。