【建築実例】クリニック開業に必要なポテンシャルと差別化

中村医院

開業医として生き残っていくためには、他のクリニックとの差別化をしながら独自性を活かしていく必要があります。

患者様に求められるクリニックはどのようなものか、スタッフが働きやすい環境はどうつくるのか、といったこれからの開業に必要な知識を建築実例と合わせてご紹介しましょう。

 

 


コラムのポイント

・クリニックは『美観』『使い勝手』『温熱環境』が揃っていると良いでしょう。

・ターゲットを決めてコンセプトを明確にすることで、差別化されたonly oneのクリニックを造り上げることができます。


 

 

 

 

 

クリニックに必要な環境

 

クリニックは、医師の腕や外観だけでなく、患者様が過ごしやすく、スタッフも働きやすい環境であるために求められることがいくつかあります。

 

 

美観

 

中村医院

心落ち着く空間、診療に専念できる空間であることはクリニックに必要不可欠です。ただ、それだけでなくいかに美しい空間であるか、ということも重要です。

白を基調としたすっきりとした空間が美しいとされていましたが、昨今では様々な色を使いながらも、美しい空間のクリニックが増えてきています。暖色系で統一したり、寒色系を使いながらも落ち着く雰囲気に仕上げたり、個性的なデザインを随所に採用することで主張しすぎない美観を作り上げたり…など様々です。

使う照明や待合室の椅子、テーブルなども、何を選ぶかによって大きく雰囲気が変わります。患者様が来院された時に、素敵だな、ここに来てよかった、次にクリニックに行く時もここを選ぶな、と思ってもらえるような美しい空間であるかが大切です。

 

 

使い勝手

 

中村医院

クリニックは医療を提供する場です。そのため、医療をスムーズに行うことのできる場である必要があります。美しさももちろん大切ですが、美しさとともに使い勝手のよい空間であることが大切です。

患者様をスムーズに診察室に案内できる、医療機器の持ち運びが簡単にできる、必要な時にすぐに取り出せて片付けもすぐにできる…といったスタッフの動線がスムーズであることはもちろんのこと、患者様の動きも簡単であることが求められます。来院してから診療を受けて帰宅するまでの動きが、初めての方でもわかりやすければとても使い勝手の良い空間となるでしょう。

通路の幅や家具のサイズなどを、バランス良く設計したり選んだりすることで使い勝手の良いクリニックにすることができます。

 

 

 

温熱環境

 

中村医院

過ごす場所の温度や湿度が整っているかも大切です。暑すぎたり寒すぎたりする空間には、人は不快を感じます。しっかりとした断熱構造を採用し、省エネで過ごしやすい空間を保ちましょう。適切な温度環境は、患者様の満足度にも比例します。

また、温度や湿度だけでなく、声が響かない空間であるかどうかも大切です。診療は患者様のプライベートなことをたくさん話すため、声が漏れない様に配慮する必要があります。部屋の造りによっては、残響時間によって人の声が聞きづらくなることも考えられます。見た目だけでなく快適な環境を作り出しましょう。

 

 

 

 

差別化でonly oneのクリニックに

 

中村医院

唯一無二のクリニックとして長く生き残っていくためには、他のクリニックとの差別化が必要です。

 

 

 

ターゲットを決める

 

中村医院

地域性や専門性、ご自身の経歴を考慮してまずはターゲットを絞りましょう。

若者や若いファミリー世帯が多い場所で開業するのと、高齢者が多い場所で開業するのとではターゲットが大きく変わります。それに伴い、必要な設備やスタッフの人数が変わってきます。例えば歯科医院を開業する場合、待合室にキッズスペースが必要なのか、年配向けの雑誌や本を多く準備した方がいいのか、といったように必要なものが変わります。

どのような方をターゲットにして、どんな武器を用意出来るか、そしてその効果をどうやって最大化させるのか。これらが明確になることでONLYONEのクリニックとなり、結果的に他のクリニックとの差別化が出来るのです。

 

 

 

コンセプトを明確にする

 

中村医院

コンセプトが明確であれば、常に患者様に足を運び続けてもらうことができ、ぶれない集患、診療をすることができます。

 

コンセプトとは、『全体を通した基本的な考え方』『はじめから終わりまでの一貫した考え方』のことをいいます。開業準備やクリニックの経営を進めていく中で、多くの判断をして決断を下す場面で指針となるのがコンセプトです。

クリニックのコンセプトは、思い描く理想のクリニック像を言葉で表したものにしましょう。このコンセプトに沿っているかどうかを考えることで、一貫した判断、決断を下すことができるのです。専門性や強みを盛り込んで決めていきましょう。

そしてこのコンセプトを実現するために、具体的な立地や設備、ロゴマークやイメージカラー、スタッフのスキルや人柄、雰囲気などを考えていきましょう。

 

コンセプトを明確にすることで、クリニックの差別化ができます。そうすると、このクリニックが良い、このクリニックで働きたい、このクリニックで診てもらいたいという、いわばクリニックのファンになる人々が出てきます。このようなファンの方々が生まれることでファンがファンを呼び込み、様々な好循環を起こすことができます。

ここを目指して、ONLYONEへの道を突き進んでいきましょう。

 

 

 

 

クリニックの建築事例

 

中村医院

では、ONLYONEにこだわって造られたクリニックの建築実例を見てみましょう。

 

小澤歯科

 

小澤歯科 小澤歯科

小澤歯科

狭小敷地のクリニックの建替えプロジェクトです。

 

敷地の余裕のない木造でありながら、
置床構法を採用する事によりバリアフリー化を実現しました。

水平方向への広がりも十字型の大開口により得ると同時に、
垂直方向への広がりを確保すべく待合室、診察室を
それぞれ吹き抜けのある空間とし、空間の豊かさを獲得しました。

2Fは倉庫と医局、3Fは医務室という構成としました。

吹抜けの場合、冬の寒さが気になる所ですが、
温水式の床暖房とタイルの組み合わせで冬も快適です。

 

また、夏の西陽対策として大開口の西側窓には
LOW-Eガラスを採用しました。

 

 

もんや歯科クリニック

 

もんや歯科クリニック もんや歯科クリニック

もんや歯科クリニック

この建物は7年前に建てられたクリニックの増築工事として建てられました。

 

田園の中にぽつんと建つ建物だったので、
周りの自然やスケール感との関係から、
なるべく建物を幾つものヴォリュームに分割せず、
一つの大きなヴォリュームとして扱いたいと考えました。

そこで、地面が隆起して一つの建物になったようなイメージで、
スロープ・壁・屋根をひと筆で描いたように連続させるデザインを採用しました。

 

室内空間は絞りの柱が林立していて、
その林のなかに診察スペースが一見ランダムに配置されています。

そして南側に計画された水盤に反射した光が天井をゆらゆらとうつろいでいます。

森の中で葉と葉の間から光が漏れる風景を思い起こさせます。

 

芝浦アイランド皮膚科

 

芝浦アイランド皮膚科 芝浦アイランド皮膚科

芝浦アイランド皮膚科

「曲面で領域をつくる皮膚科クリニック」

 

医療モールに入る皮膚科のクリニックです。
限られたテナントスペースに必要な空間をそれぞれ部屋として作っていくと、
とても狭苦しいクリニックとなってしまうことが想定できました。

そこで、部屋としてきちんと区画されていなくても良い空間を
凸型の曲面を使ってコーナーとして設え、
広がりのあるのびやかな空間を目指しました。

 

同時に曲面で囲われない残った空間が
スピード感をもった移動空間(通路)になる事を期待しました。

ケガをした子どもから自費治療のシニアの患者様までを対象とするため、
ガラスモザイクタイルやカーペット、突板の木目、布といった
素材感のあるものを組み合わせるほか、
間接照明を効果的に使うことで、シックでありながら、
少し着くずした感じのデザインとしています。

 

 

 

その他の建築実例はこちら》》》

 

 

 

 

only oneのクリニックを

 

開業医としての新たなスタートは、これからの人生を大きく変えることとなります。他のクリニックとの差別化をしながら、唯一無二のクリニックを造り上げていきましょう。

建物やクリニックをつくるということは人生最大のイベントのひとつです。
決して不注意なミスは許されません。
我々は常に、もし自分がこのクリニックをつくる施主だとしたらどうするか、常に施主様の立場を考えながら、設計や監理にあたっています。

スタッフや先生、患者様にとって良質なクリニック設計、リフォームは岡部克哉建築設計事務所にお任せください。

 

 

 

岡部克哉とは?

岡部克哉

□群馬県桐生市に生まれる
□てんびん座
□O型
□いわゆる右利き(利き目は左)
□妻・娘・小型犬2匹と暮らす

□岡部本人は、趣味としては、菜園・料理など食にかかわるものから、音楽鑑賞。
近年では体力維持や健康管理といった面からもヨガを習ったりしています。
それ以外にも、小輪径の自転車や、マニュアルの自動車、小型ヨットなど乗り物が好き
遊戯性のあるスポーツも好きで、ゴルフやテニスを楽しんでいます。

□日本大学卒業
日本大学大学院博士前期課程修了
東京芸術大学大学院修士課程修了
東京芸術大学大学院博士課程満期退学

□アトリエ系設計事務所勤務して修行
□1997年自らの設計事務所を設立

 

野口歯科医院

(株)岡部克哉建築設計事務所とは?

□設立 1997年
□代表取締役 岡部克哉
□得意分野
クリニック設計を中心に活動しています。またクリニック専門ではなく、あえてクリニックの設計を活動の中心に据えながら他の用途の建築設計にも携わっています。

業務内容

業務は設計と監理を中心にしながら、それにまつわる不動産からインテリアコーディネイトとその管理までを行う。
施工はその地域に根差した施工会社に依頼しますので、全国どこでも我々は設計監理を行う事が可能です。

施工について

工事の適正価格を探る為、複数の施工会社に見積もりを依頼する場合や、
最初から特定の施工会社を選定して、概算見積もりから本見積、工事をお願いすることもあります。
案件の特性にあわせて最適な進め方を検討し、柔軟に対応しています。

東京都港区に活動拠点

遠方の仕事もしやすいJR新橋駅近くに事務所を構える。

様々なワーキングスタイル

数名で活動している会社ですが、子育て真っ最中のスタッフが3人います。
2人は女性で、1人は男性です。
子育てか、仕事かの二者択一を迫られる時代もありましたが、昨今は少し時代の流れも変わってきています。
弊社でも子育てと仕事を両立出来るように、その人にあった勤務時間や、日によっては在宅での勤務なども取り入れて、弊社なりの素敵な働き方の模索をしながら活動しています。

 

岡部事務所のミッションとは?

良い設計をして素敵な建物を作る事の効果を最大限高める事、これを突き詰めていきたいと思っています。

素敵な建物が出来れば、それを所有する方の所有欲も満たされますし、
それを使う人も、大切に建物を使おうとしたり、こんな素敵な建物で働いている自分にプライドを持てたり。
また、素敵な建物で治療を受けることで満足感を高めてくれる患者さんも現れます。
建物とそこで行われる診療などの行為がシンクロして、素敵な物事の始まりが沢山うまれる事を願っています。

 

開業・建築設計のご相談はお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせは以下フォームに入力後送信下さい。

その他の場合:

住所: