クリニック経営を成功させるスタッフとのコミュニケーション術

にしだ歯科医院

 

クリニックの存続に欠かせない、スタッフの力。医療スキルの高さだけでなく、患者様とのコミュニケーション、医師との連携力など様々な部分で重要性を感じることでしょう。

クリニック経営を始めた後で困らないように、前もって知っておきたい、スタッフが定着する職場環境づくりや離職の傾向と対策を見てみましょう。

 

 


コラムのポイント

・クリニックの経営は、多くのスタッフによって支えられています。実務面だけでなく、患者様との関係構築や職場の風土形成を担うなど、多くの役割を果たしてもらっています。

・コミュニケーションや積極性の減少、意見を言わない、休みがちで出勤しなくなる、といった行動がスタッフ離職のサインです。

・笑顔と挨拶を心がけ、勤務体制と仕事量の見直しやコミュニケーションを増やすなどして、フラットで風通しの良いクリニック作りが経営成功の初めのステップです。


 

 

 

 

 

クリニック経営はスタッフに支えられている

 

にしだ歯科医院

クリニックは、多くの人の力によって支えられています。経営者自身はもとより、スタッフの力はとても大きく評判を左右することもあります。

 

優秀なスタッフがいれば、医師は診察に集中することができます。仕事をテキパキとしてくれるだけでなく、患者様との関係性の構築、うまく立ち回ることもしてくれるので、任せられることは任せて経営に集中することができるでしょう。

 

このようないい職場の状態が続くことは理想的ですが、スタッフが離職をすることで一気にバランスが崩れることもあります。

優秀なスタッフ、経験豊富でクリニックを支えてくれるスタッフが離職をしてしまうと、クリニックのサービスの質が一気に低下してしまう恐れがあります。自分の症状をよく知ってくれているスタッフがいたから来院していたような患者様の客足も遠のくでしょう。新しいスタッフを採用したとしても、仕事を覚えて求めるレベルに達するまでには時間と労力、お金がかかります。また周りのスタッフにその分負担がかかることで、さらなる離職者が生まれるという流れが生じてしまいます。

 

クリニック経営を成功させるためには、常日頃からスタッフとコミュニケーションをとり、異変やサインを見逃さないようにしておくことが大切です。

 

 

 

 

スタッフ離職のサイン

 

わたなべ歯科クリニック

クリニックスタッフの離職は、いくつかのサインから読み取ることができます。このサインを見逃さないことが、離職者を減らす大きなポイントです。

 

 

減ってきたコミュニケーション

 

わたなべ歯科クリニック

今までは休日出かけた場所や美味しい食べ物のようなプライベートなこと、近状についてなどを話しコミュニケーションを取っていたにも関わらず、少しずつ減ってきた場合は注意が必要です。

離職を考えている場合、今までのような関係性を保つ必要がなくなることもありますが、離職する気まずさを抱えていることもあるからです。また、目を合わせて会話することが減った、心なしか笑顔が減った、自分のことを話さなくなった、というのもサインに含まれます。

 

 

積極性の減少

 

わたなべ歯科クリニック

仕事に対して、目に見えて積極性がなくなってきた時も注意が必要です。

向上心があり、普段から多くの仕事を引き受けてくれていた人が仕事を引き受けなくなった場合、仕事への意欲を失っていたり、職場や仕事内容に不満が溜まっていたりすることが考えられます。それ以外にも、離職を決意しているため仕事量を少しずつ減らしているというパターンもあります。

 

いずれにしろ、今まで引き受けてくれていた仕事が周りの人に流れていくことで、クリニックの人間環境や職場の空気にも少しずつ影響が現れます。

 

 

仕事に対して意見を言わない

 

にしだ歯科医院

「ここはこうしたほうがいい」「このやり方ではなく、あのやり方のほうが結果に繋がるのでは」という意見は時に耳がいたいものですが、クリニックをより良いものにしたいという純粋な思いからくる、経営者にとってはありがたい意見です。

こういった意見ではなく、気になるのが職場環境や仕事内容、給与形態に対する不平不満です。職場や仕事内容に対する不平不満は、出ないに越したことはありませんが、出ているうちはまだ安心かもしれません。出ていた不平不満が出なくなることが最も危険です。原因が解消される見通しがなく、言い続けても無駄だと判断し離職する、という流れに繋がりやすくなります。

 

不満からの離職は、残ったスタッフのモチベーション低下、新規雇用の難航など負の連鎖にもなりかねないので注意が必要です。

 

 

 

 

休みがちになる、出勤しない

 

にしだ歯科医院

理由が不明瞭なまま休みがちになる、出勤しない、という行動に移している時点で、離職に対する意思が固まっていることは容易に想像がつきます。また、積極的に有給休暇を消費し始めるのも離職に向けた準備が大半でしょう。

 

出勤しなければ話も聞くことができませんが、様子がおかしい、なんだか気になる、という場合はこまめに話を聞くようにしましょう。

 

 

 

 

試みるべき対策4つ

 

にしだ歯科医院

 

クリニックの経営を続けていくためにも、スタッフとの良質なコミュニケーションは重要です。経営者自ら、日常的に行うことでコミュニケーション力の高いクリニックの組織基盤を作ることができます。

 

 

対策① 笑顔と挨拶

 

にしだ歯科医院

人との関わりで大切なのはやはり笑顔と挨拶です。当たり前すぎることかもしれませんが、当たり前なことにも関わらずできない人が増えてきているからこそ、コミュニケーションに問題が生じているのです。

組織の風通しの良さは、目には見えませんがそのまま患者様にも伝わります。笑顔と挨拶でクリニックを良い雰囲気で包み込みましょう。

 

対策② 勤務体制と仕事量の見直し

 

にしだ歯科医院

仕事量が多く拘束時間が長い、人手が足りないため無理なシフトをこなしている、といった負荷が知らず知らずのうちにかかってしまっていることがあります。仕事量は適正か、勤務体制が悪くなっていないかの見直しを行いましょう。

また、ベテランスタッフや仕事の早いスタッフには、仕事が集中しがちになります。それ以外にも組織の潤滑剤として動いてくれていることも多々あります。頼りになるため甘えることも大切ですが、周りのスタッフとのバランスもとるようにしましょう。

 

 

対策③ コミュニケーションを増やす

 

にしだ歯科医院

最近気になっていること、旅先での出来事、子どもの様子など、とにかく会話をしてコミュニケーションを増やしましょう。常日頃から信頼関係を築いておくことが大切です。そうすることで、思っていることを言えない、意見をしにくい関係性に陥ることなく、一緒に仕事をする仲間としてポジティブな関係を築くことができます。

 

 

対策④ スタッフ同士の関係をフラットに

 

柳町岡崎歯科医院

毎日顔を合わせるもの同士が働く場所が、上下関係が厳しい、年功序列が激しい、新人に対する風当たりが強い、という環境であれば、多くの人がそこで働きたくない…と思うでしょう。

クリニックの経営をスタートさせる、開業の段階でスタッフ同士の関係に激しく差が生まれないような組織を作ることが大切です。経営理念を形にしていくためにも、心がけておくと良いでしょう。

 

 

 

経営スキルとともにコミュニケーションスキルの向上を

 

にしだ歯科医院

日頃の行動や声かけの積み重ねによって、人間関係や信頼関係は構築されていきます。クリニックを長く続けていくためにも、コミュニケーションスキルも磨きながら経営を成功させていきましょう。

 

建物やクリニックをつくるということは人生最大のイベントのひとつです。
決して不注意なミスは許されません。
我々は常に、もし自分がこのクリニックをつくる施主だとしたらどうするか、常に施主様の立場を考えながら、設計や監理にあたっています。

スタッフや先生、患者様にとって良質なクリニック設計、リフォームは岡部克哉建築設計事務所にお任せください。

 

 

 

岡部克哉とは?

岡部克哉

□群馬県桐生市に生まれる
□てんびん座
□O型
□いわゆる右利き(利き目は左)
□妻・娘・小型犬2匹と暮らす

□岡部本人は、趣味としては、菜園・料理など食にかかわるものから、音楽鑑賞。
近年では体力維持や健康管理といった面からもヨガを習ったりしています。
それ以外にも、小輪径の自転車や、マニュアルの自動車、小型ヨットなど乗り物が好き
遊戯性のあるスポーツも好きで、ゴルフやテニスを楽しんでいます。

□日本大学卒業
日本大学大学院博士前期課程修了
東京芸術大学大学院修士課程修了
東京芸術大学大学院博士課程満期退学

□アトリエ系設計事務所勤務して修行
□1997年自らの設計事務所を設立

 

野口歯科医院

(株)岡部克哉建築設計事務所とは?

□設立 1997年
□代表取締役 岡部克哉
□得意分野
クリニック設計を中心に活動しています。またクリニック専門ではなく、あえてクリニックの設計を活動の中心に据えながら他の用途の建築設計にも携わっています。

業務内容

業務は設計と監理を中心にしながら、それにまつわる不動産からインテリアコーディネイトとその管理までを行う。
施工はその地域に根差した施工会社に依頼しますので、全国どこでも我々は設計監理を行う事が可能です。

施工について

工事の適正価格を探る為、複数の施工会社に見積もりを依頼する場合や、
最初から特定の施工会社を選定して、概算見積もりから本見積、工事をお願いすることもあります。
案件の特性にあわせて最適な進め方を検討し、柔軟に対応しています。

東京都港区に活動拠点

遠方の仕事もしやすいJR新橋駅近くに事務所を構える。

様々なワーキングスタイル

数名で活動している会社ですが、子育て真っ最中のスタッフが3人います。
2人は女性で、1人は男性です。
子育てか、仕事かの二者択一を迫られる時代もありましたが、昨今は少し時代の流れも変わってきています。
弊社でも子育てと仕事を両立出来るように、その人にあった勤務時間や、日によっては在宅での勤務なども取り入れて、弊社なりの素敵な働き方の模索をしながら活動しています。

 

岡部事務所のミッションとは?

良い設計をして素敵な建物を作る事の効果を最大限高める事、これを突き詰めていきたいと思っています。

素敵な建物が出来れば、それを所有する方の所有欲も満たされますし、
それを使う人も、大切に建物を使おうとしたり、こんな素敵な建物で働いている自分にプライドを持てたり。
また、素敵な建物で治療を受けることで満足感を高めてくれる患者さんも現れます。
建物とそこで行われる診療などの行為がシンクロして、素敵な物事の始まりが沢山うまれる事を願っています。

 

開業・建築設計のご相談はお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせは以下フォームに入力後送信下さい。

その他の場合:

住所: