【テナントクリニック】設計・内装・レイアウト建築事例|岡部克哉建築設計事務所

alt=“”設計事務所 見出し画像

クリニックの設計や内装、レイアウトには、クリニックの個性が詰まっています。
テナント内でも存在感を発揮する、テナントクリニックの建築事例をご紹介します。

 

 

岡部克哉のこだわり

alt=“”テナントクリニック 建築事例

クリニックの立地や経営する先生方のキャリアを細かく見てみると、そこには様々なポテンシャルが潜んでいるのが分かります。

このポテンシャルを丁寧に評価していくと、『何が武器になるのか』『どのような方がターゲットになるのか』などが分かってきます。

 

どのような方をターゲットに、どんな武器を用意出来るか、そしてそのポテンシャルを最大限引き出すことができると、ONLYONEのクリニックとなり、結果的に他のクリニックとの『差別化』『ブランド化』が出来ます。

 

この差別化やブランド化が出来ると、

このクリニックが良い
このクリニックで働きたい
このクリニックで診てもらいたい

という、いわばクリニックのファンになる人々が出てきます。
このようなファンの方々が生まれることによって、ファンがファンを呼び込み、好循環が起こるのです。
この好循環を目指して、ONLYONEへの道を一緒に突き進みましょう。

 

 

 

 

【テナントクリニック】建築事例

alt=“”テナントクリニック 建築事例

患者さんがクリニックに求める3大要素は、『良い医療』『良いサービス『良い環境』です。
岡部克哉建築設計事務所は、『良い環境』をつくる事で先生方のお手伝いをさせていただきます。

 

良い環境とは…

美観

きれいな形、美しい色彩のコーディネート、雰囲気を左右する照明計画。これらが合わさり、素敵で心が癒される美しい空間。

使い勝手

人の動きや通路の幅、家具の寸法などをバランス良く設計。美しいだけでなく、使いやすいクリニック。

音熱環境

断熱に工夫をし、省エネを目指した上で適切な設備機器を配置。快適な温熱環境の空間を創造。仕上げ材の選定を調整し、残響が長くなりすぎないように配慮た診察室。

 

これらを配慮し、先生方、スタッフ、患者様それぞれにとって良質な環境をつくり、今後の発展に貢献するクリニック建築を行っています。

 

 

建築事例① 芝浦アイランド皮膚科

alt=“”テナントクリニック 建築事例

 

曲面で領域をつくる皮膚科

医療モールに入る皮膚科のクリニックです。限られたテナントスペースに必要な空間をそれぞれ部屋として造るととても狭苦しいクリニックになってしまいます。そこで、部屋としてきちんと区画されていなくても良い空間を、凸型の曲面を使ってコーナーとして設置。広がりのあるのびやかな空間に仕上がりました。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

曲面で囲われない空間も、スピード感をもった移動空間に。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

子どもからシニアの患者様までが対象のため、ガラスモザイクタイルやカーペット、突板の木目、布といった素材感のあるものを組み合わせました。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

間接照明を効果的に使用。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

シックでありながらも温かみのあるデザインに。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

空間にメリハリが生まれます。

芝浦アイランド皮膚科

 

 

 

建築事例② 草間かほるクリニック

alt=“”テナントクリニック 建築事例

コンバージョンタイプのクリニック

都心の雑居ビルの5・6階、メゾネットの住居をクリニックに造り替えた、コンバーションといわれるタイプのクリニックです。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

斜線制限を受ける部分に該当するため、梁や柱が不規則にあり、天井高さも抑えられていました。そのため、空間を仕切る壁の仕上げ材を2.1メートルの高さで強引に切り替えて、壁の下の横に縞模様の入った壁を梁と絡まないように工夫を。

構造と少し距離を置き、既存の構造による空間への影響を抑えながら、少し自由に見えるように壁をつくりました。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

アールのついた壁も自由を表現する手段。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

外壁と接することのない壁はコーナーをアールにしました。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

ダイナミックな開放感が清々しさを生み出します。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

細部に宿る配慮で、心やすらぐ空間に。

草間かほるクリニック

 

 

建築事例③ みどり矯正歯科

alt=“”テナントクリニック 建築事例

10坪に満たない矯正専門の歯科医院

設備によって要求されるスペースを整理して、医療行為に携わる場とそうでない場にレベル差を。それぞれ異なる空間の性格を表現しました。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

患者さんのプライバシーの必要な度合いに応じて、モンステラの葉のシートやガラスを無数に貼っています。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

空間を緩やかに分節するように計画しました。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

受付からの視界が開けているため、待合室の様子も一目瞭然。

alt=“”テナントクリニック 建築事例

スタッフの目がすみずみまで行き届くように配慮しています。さまざまな医療機器類も、動線を考慮して配置しています。

 

みどり矯正歯科

 

 

ONLYONEのクリニックを目指すなら

alt=“”テナントクリニック 建築事例

これからの時代、差別化されブランド化されたクリニックでい続けることが、愛され生き残っていくための手段です。

クリニック建築、設計をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。多くの実績の中で積み重ねた経験をもとに、目指すクリニックをつくり上げていきましょう。

 

 

 

岡部克哉とは?

岡部克哉

□群馬県桐生市に生まれる
□てんびん座
□O型
□いわゆる右利き(利き目は左)
□妻・娘・小型犬2匹と暮らす

□岡部本人は、趣味としては、菜園・料理など食にかかわるものから、音楽鑑賞。
近年では体力維持や健康管理といった面からもヨガを習ったりしています。
それ以外にも、小輪径の自転車や、マニュアルの自動車、小型ヨットなど乗り物が好き
遊戯性のあるスポーツも好きで、ゴルフやテニスを楽しんでいます。

□日本大学卒業
日本大学大学院博士前期課程修了
東京芸術大学大学院修士課程修了
東京芸術大学大学院博士課程満期退学

□アトリエ系設計事務所勤務して修行
□1997年自らの設計事務所を設立

 

野口歯科医院

(株)岡部克哉建築設計事務所とは?

□設立 1997年
□代表取締役 岡部克哉
□得意分野
クリニック設計を中心に活動しています。またクリニック専門ではなく、あえてクリニックの設計を活動の中心に据えながら他の用途の建築設計にも携わっています。

業務内容

業務は設計と監理を中心にしながら、それにまつわる不動産からインテリアコーディネイトとその管理までを行う。
施工はその地域に根差した施工会社に依頼しますので、全国どこでも我々は設計監理を行う事が可能です。

施工について

工事の適正価格を探る為、複数の施工会社に見積もりを依頼する場合や、
最初から特定の施工会社を選定して、概算見積もりから本見積、工事をお願いすることもあります。
案件の特性にあわせて最適な進め方を検討し、柔軟に対応しています。

東京都港区に活動拠点

遠方の仕事もしやすいJR新橋駅近くに事務所を構える。

様々なワーキングスタイル

数名で活動している会社ですが、子育て真っ最中のスタッフが3人います。
2人は女性で、1人は男性です。
子育てか、仕事かの二者択一を迫られる時代もありましたが、昨今は少し時代の流れも変わってきています。
弊社でも子育てと仕事を両立出来るように、その人にあった勤務時間や、日によっては在宅での勤務なども取り入れて、弊社なりの素敵な働き方の模索をしながら活動しています。

 

岡部事務所のミッションとは?

良い設計をして素敵な建物を作る事の効果を最大限高める事、これを突き詰めていきたいと思っています。

素敵な建物が出来れば、それを所有する方の所有欲も満たされますし、
それを使う人も、大切に建物を使おうとしたり、こんな素敵な建物で働いている自分にプライドを持てたり。
また、素敵な建物で治療を受けることで満足感を高めてくれる患者さんも現れます。
建物とそこで行われる診療などの行為がシンクロして、素敵な物事の始まりが沢山うまれる事を願っています。

 

開業・建築設計のご相談はお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせは以下フォームに入力後送信下さい。

その他の場合:

住所: